投資

20代で自由のお金を作り出す3つの方法

上海に滞在して二週間ほど経ちましたので、そろそろ他の国に移動しようと考えています。まだ移動先の国は決めてないのですが、タイかベトナムあたりにしようかと考えています。上海に関しての記事はもう少し上げる予定です。

日本で働いている社会人の方は、「好きな時に海外旅行に行けたらいいなー」なんて思った事ありませんか?

筆者が日本で働いている頃は、いつもそんなふうに考えていました。そして、思い立ったが吉日の筆者は、実際に実行もしていました。週末を使って、毎週色々な国に訪れて刺激を受けていました。しかし、海外旅行をするにはお金が掛かります。

20代の時は会社からの給料も少ないので、使えるお金も多くありません。筆者も日本で働いていた頃は、給料は多くありませんでした。では、どのようにして筆者が海外旅行のお金を捻出していたのでしょうか。

筆者が実践した3つの方法

1.投資からお金を作る

筆者が海外旅行をする為に必要だったお金は、全て投資の利益から作り出していました。筆者は18歳から株式投資を始めていたので、20歳になるころには株式投資以外にも複数の投資先を持っていました。

特別な人でない限り、20歳の内に仕事から多くのお金を稼ぎだすことは難しいです。営業職となれば、年収1000万円を稼ぎ出すことは可能ですが、筆者はそこまで営業力もなかったので無理でした。そんな平凡な筆者がお金を作り出すとしたら、投資という選択肢以外見つかりませんでした。

また、筆者はあまり物欲がないので、必要なもの以外にはお金を使うことがありません。筆者は煙草も吸わないですし、お酒も付き合いでしか飲まないので、それらにお金を使うことはありません。お酒を飲むとしても、相手が筆者よりもお金を持っている方ばかりなので、いつもご馳走になっていました。

その為、会社からもらう給料はほとんど手元に残っていました。その手元に残ったお金を全て投資に回していましたので、毎月給料の3分の2以上は投資に回すことが出来ていました。

2.20代前半は実家に住む

あなたがまだ20代前半なのであれば、一人暮らしではなく実家に住むことをお勧めします。その代わり、彼女を自宅に連れ込むことが難しくなりますが笑。

事実、筆者も日本にいた頃は実家暮らしでした、その為、家賃や光熱費などは掛かっていません。自己啓発の本などでは、若いうちに一人暮らしをするべきだと書かれています、ある程度のお金がない限り、筆者は実家暮らしをおすすめします。

ある程度の資金を持って初めて、一人暮らしをするのが良いかと思います。カッコつけて若いうちに一人暮らしをするのも良いですが、お金が貯まりませんよ。

3.銀行にお金を置かない

筆者的には、日本の銀行にお金を入れておく意味がわかりません。0.02%ほどの利息なのにも関わらず、日本人は銀行にお金を入れすぎです。銀行側は安い利息で集めた資金を年利15%とかで貸し出しているのですよ。

そのことに疑問を持たないで生活をしていることに危機感を持つべきです。筆者もそのことに気付いたのは18歳になってからでした。きっかけは投資を始めたことです。銀行に置いておくくらいであれば、自分で運用したほうが楽しいし、増えるじゃん。と。

ちなみに筆者の銀行口座の残高は、クレジットカードの引き落とし分を除くと0です。余分なお金は一切置いていません。銀行口座に用もないのに置いておくのは、捨て金です。

ちなみにキャッシュでも少量しか持ち歩いていません。筆者は全てクレジットカードで決済を完結させていますので、多額のキャッシュを持ち歩く必要がないのです。クレジットカードで決済できない場所では、基本的に買い物はしません。

銀行の収益源はカードローン

銀行側は安い利息で集めた資金を年利15%で貸し出している?住宅ローンの変動金利型は、金利引下げ制度によって0.625%から利用できるぞって疑問に思った方。

たしかに、銀行の貸し出し先は多数あり、貸し出し方法によっては安い金利で貸し出しているかもしれません。しかし、今の銀行は融資量が伸びておらず、貸し出し先が少ない状況にあります。そこで目を付けたのが、個人向けのカードローンです。

銀行のカードローンは規制が緩く、ほとんどだれでも利用すること事ができます。その結果、返済能力を持っていない人が過剰な融資を受けることが出来てしまう為、自己破産に追い込まれてしまうということです。

銀行のカードローンの仕組みについては別の記事で話したいと思います。

投資以外のお金の作り方

複業という選択肢

投資以外にもお金を作り出す方法はいくつもあります。その人が持つ能力によって異なりますが、単価が高いもので言えば、Webサイト制作やアプリ制作、企業のウェブシステム構築などがあります。単価は低いが誰でもできるもので言えば、コピーライティングやデータ収集などが挙げられます。

筆者が行っていたのは、個人輸出入です。海外旅行に行きながら、現地で仕入れた商品を日本のオークションサイトやフリーマーケットサイト、個人のECサイトで販売をしていました。お小遣い稼ぎには丁度良く、海外旅行の飛行機代、ホテル代、食事代を賄えるくらいの利益は出すことが出来ていました。

ただ、筆者の”遊び”にはお金を使うので、個人輸出入の利益だけでは賄えず、投資から得ていた利益を”遊び”に回していました。筆者のお金を稼ぐ目的は遊ぶことなので、筆者の”遊び”にはお金を惜しみません。その代わり、筆者が無駄だと思うことには一切使いません。

20代で自由のお金を作り出す3つの方法

1.投資からお金を作る
2.20代前半は実家に住む
3.銀行にお金を置かない
おまけ.複業

あわせて読みたい
稼ぎたいなら”ウルフ・オブ・ウォール・ストリート”を観た方が良い筆者は映画が好きで、時間がある時には色々な映画を観ています。好きなジャンルは、金融系とミュージカル系です。映画の影響力は絶大で、筆者の人...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)