タイ夜遊び

【タイで夜遊び】バンコクのナイトライフの種類と楽しみ方

バンコクに来てからは毎日夜遊びをしている筆者ですが、バンコクには様々な遊び方があるのをご存知でしょうか。バンコクのナイトスポットについては順次紹介していきますが、その前にタイの遊び方の種類について先に話しておきますね。

タイのナイトライフの楽しみ方

タイの遊び方の種類は大きく分けると5つあります。”出会い喫茶”、”コヨーテバー”、”カラオケ(KTV)”、”マッサージパーラー(MP)、””ゴーゴーバー”です。優しいのから順に紹介していきます。

コヨーテバーとは

“コヨーテバー”は、タイの夜遊びの中でも女の子のクオリティが高いことが有名で、富裕層向けのナイトスポットです。タイの夜遊びでは珍しく、持ち帰り(バーファイン)ができません。あくまでも話すことが目的です。

しかし、”コヨーテバー”に在籍しているのはクオリティの高い女の子が多く、行く価値はありです。ただ、会員制度の形式をとっていることが多く、会員料も結構高いです。まさに富裕層向けの夜遊びです。遊ぶのに10000バーツは必要です。

“コヨーテバー”は、タイの夜遊びの中で一番お金が掛かる遊びですが、他の遊びとはひと味違った楽しさを味わうことができます。タイで愛人を探している方は、”コヨーテバー”で見つけるのが一番でしょう。

カラオケ(KTV)とは

5つの中で一番日本人の方が行きやすいのが”カラオケ(KTV)”です。名前の通り、カラオケです。日本のカラオケと違うのは、女の子が付いてくるところです。日本のキャバクラのようなイメージです。

“カラオケ(KTV)”ではお客は飲み放題、女の子にはレディースドリンクとしてプラスでお金が掛かります。女の子のレディースドリンクは強制ではありませんので、気に入ればご馳走してあげてください。

場所にもよりますが、”カラオケ(KTV)”では女の子のお持ち帰り(バーファイン)ができます。値段は場所や女の子のクオリティにもよって異なりますが、総額で4,000バーツ(14,000円)くらいです。詳しくは下記をご覧ください。

あわせて読みたい
【バンコクの日本横丁】日本人の夜遊びならタニヤ通り中国の上海からタイのバンコクにやってきた筆者は、早速バンコクの日本横丁とも名高い"タニヤ通り"にやって来ました。上海で遊べなかった分、バ...

マッサージパーラー(MP)とは

日本人に一番人気なのが、”マッサージパーラー(MP)”です。マッサージパーラー(MP)”は、マッサージ屋さんなのですが、目的はセッ〇スです。日本のソープのようなイメージです。

お店に行って気に入った女の子がいれば、指名して併設してある部屋に行ってプレイをします。料金は女の子のクオリティによって異なりますが、だいたい2,000バーツから5,000バーツ(7,000円~17,000円)くらいです。

ただ、高ければみんなかわいいというわけではなく、安くてもかわいい子もいますので、そこは運次第です。女の子はひな壇に並んでいますので、じっくりと決めてください。

あわせて読みたい
【タイ夜遊び】バンコクの"マッサージパーラー"の遊び方2018筆者はタイの"バンコク"に滞在して二週間と少し経ちましたが、そろそろ飽きてきました。そろそろ他の国に移動します。タイのナイトスポットにつ...

出会い喫茶とは

“出会い喫茶”は、名前の通り出会いを求める場所です。日本の出会いカフェのようなイメージです。売春婦が集まるバーがあって、そこで女の子を決めます。料金は女の子と直接交渉で決めることになります。

お店が仕切っていないので、たまに未成年の子もいたりします。タイで児童買春は犯罪ですので、もし未成年とプレイをしたりしたら捕まりますよ。気を付けてください。

料金は、ショートで2000バーツか2500バーツ(7,000円~8,500円)ほどで、ロングで4,000バーツから,バーツ(14,000円~15,000円)です。”ゴーゴーバー”よりかは若干安めの料金設定です。筆者が見に行った時はかわいい子はいませんでしたが。

ショート

ショートとは、短時間での連れ出しのことで、プレイが終わったら帰ります。時間的には2、3時間くらいですかね。

ロング

ロングとは、長時間での連れ出しのことです。次の日の朝までいてくれます。女の子によっては、次の日の観光も一緒にしてくれます。プラス料金を取られることもありますので、予め女の子に確認したほうが無難です。

ゴーゴーバーとは

“ゴーゴーバー”とは、女の子が水着や裸の状態でステージ上で踊っており、気に行ったことがいればその子とお酒を飲むことができます。お酒を飲んでいる間は、女の子とキスをするのもよし、胸を触るのもよし、だいたいのことはなんでもできます。女の子のサービス精神にもよりますが笑。日本のセクキャバみたいなイメージです。

ただ、”ゴーゴーバー”では女の子のお持ち帰り(バーファイン)をすることができます。お持ち帰りをした後は、男性諸君の想像通りのことが楽しめます。お酒を飲んで楽しくなった後にお持ち帰りができるのは良いですよね。

料金は、ショートなら2,500バーツから3,000バーツ(8,500円~10,000円)、ロングなら4,000バーツから6,000バーツ(13,000円~20,000円)ほどです。

あわせて読みたい
【タイ夜遊び】バンコクの"ナナプラザ"にあるゴーゴーバーの遊び方タイでは色々なナイトスポットに行って満喫しました。そろそろ他の国に移動する予定です。次はインドネシアかベトナムらへんにしようかな。 さ...

筆者のおすすめ

タイに来たなら遊び尽くせ

“出会い喫茶”、”コヨーテバー”、”カラオケ(KTV)”、”マッサージパーラー(MP)、””ゴーゴーバー”などたくさんの遊び方があるタイですが、この中で筆者のおすすめは”ゴーゴーバー”です。筆者は海外の夜遊びっていう雰囲気が好きなので、一番しっくりきます。

“ゴーゴーバー”では女の子を持ち帰りしなくても大丈夫なので、お酒を飲みながら女の子の鑑賞を楽しむだけでもありです。女の子の営業とママさんの営業が来るのがウザいですが。

ただ、せっかくタイに遊びにきたのだったら、”出会い喫茶”、”コヨーテバー”、”カラオケ(KTV)”、”マッサージパーラー(MP)、””ゴーゴーバー”の5つとも遊び尽くしてほしいです。遊べるときはとことん羽目を外して遊んでください。

気を付けたいこと

タイで遊ぶ上で気を付けてほしいのが、誤って男性を選択してしまうことです。タイでは整形が安く行えるので、そこらじゅうに整形をした男性がいます。女性よりかわいい子もいるので、間違っても間違えないようにしてください。

整形の力で大事な部分も取り外してホールも作り上げているらしいので、もしかしたら気付かずにプレイしてしまうこともあるかもしれません。冷静に判断する為に、お酒を飲むのもほどほどにしておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)