ビジネスマインド

情報を制する者が成功を制す

皆さんは情報をどのようにインプットしていますか?

情報をインプットするということは、現代を生きていくうえで必要不可欠なことです。昔から使われてきた情報収集方法としては、新聞や雑誌などの紙媒体によるものが一般的です。

しかし、ネット社会となった今、紙媒体による情報はすでに過去の情報であり、最新の情報を手に入れいるためにはインターネットから仕入れることが必要です。最新の情報をインプットできないものは過去に乗り残され、成功することはできません。

世の中には知らないと損する事がたくさんあり、その損をしている事にさえ気付いていない人達が沢山います。そんな情報社会の中で、他の人達よりもたくさんの情報をインプットして、他者と差をつけなくてはなりません。あなたがもし成功をしたいのならば、情報を制することが必要です。

ドライ情報とウェット情報

情報には”ドライ情報”と”ウェット情報”の2種類があります。

ドライ情報

“ドライ情報”とは、新聞や雑誌などの紙媒体によるものやSNSやニュースサイトなどのインターネット媒体から得られる情報のことを言います。つまり、その気になれば誰もが入手できる情報ということです。

ウェット情報

“ウェット情報”とは、知人やセミナーなどの講師から限られたコミュニティ内で発せられる人媒体から得られる情報の事を言います。”ウェット情報”は誰でも入手できる情報ではなく、限られた人のみが入手できる情報です。

ドライ情報とウェット情報を組み合わせる

“ドライ情報”と”ウェット情報”とでは、”ウェット情報”の方が価値が高いです。しかし、だれでも”ウェット情報”を手に入れることができるわけではありません。価値ある”ウェット情報”を手に入れるには人脈とトーク力が必要です。

人脈があるからといって”ウェット情報”を手に入れることが出来るわけではありません。人脈を持ちつつ、トーク力で相手の”ウェット情報”を引き出す必要があります。この時に必要なのが”ドライ情報”なのです。

“ドライ情報”と”ウェット情報”を組み合わせることによって本当に価値ある情報を手に入れることができます。それは誰でも出来ることではありまえん。ではどのような人ができるのでしょうか。

情報リテラシー

情報リテラシーとは

“情報リテラシー”という言葉を聞いたことがありますか?weblio辞書から引っ張ってきましたので参照ください。

情報リテラシーとは、目的に応じて情報を活用する能力のことである

「リテラシー」とは、もともとは識字能力、読み書きできる能力を指すが、情報リテラシーは印刷された文字だけでなく、見聞やインターネットの情報といった、各種の情報源を適切に利用し、散在する情報の中から必要な情報を収集し、整理し、そして発信するための能力を指す。

情報リテラシーのうち、コンピュータやインターネットを中心としたITを活用する能力は特にコンピュータリテラシーと呼ばれる。新聞や広告などの広範な媒体を活用する場合はメディアリテラシーと呼ばれることもある。

参照元:weblio辞書

情報リテラシーを強くする

“情報リテラシー”力が強い人ほど、現代社会では勝ち残っていく人材となっていくことでしょう。逆に”情報リテラシー”力が弱い人は周りに付いていけず、知識のない人と認定され、優秀な人に相手にされなくなります。

似ている人は磁石の様にひかれあうと言われているように、”情報リテラシー”力が弱い人同士で集まるようになり、さらにあなたの”情報リテラシー”力は下がっていきます。そうなると成功はできないでしょう。

情報リテラシーが弱い人と強い人の違い

それでは、”情報リテラシー”力が弱い人と強い人の違いとはどういった事だと思いますか。常に情報収集している人?人脈が多い人?違います。トーク力がある人です。「おれコミュ障だから無理だ」とか言わないでください。”コミュ障”でも問題ありません。

“情報リテラシー”力が弱い人というのは、情報を整理することができていない人です。インプットした情報を頭の中で整理しておくことができなければ、宝の持ち腐れと同じで意味がありません。

“情報リテラシー”力が高い人は、インプットした情報を自分の頭の中で本棚の様にきちんと収納できています。そして必要な時に必要な情報をいつでも取り出せることができています。つまり、情報をインプットする時には、

つまり、情報をインプットする時にむやみやたらに集めるのではなく、あらかじめ自分の中で仮説を立てておいて、必要な情報だけをインプットする必要があるということです。情報の取捨選択ですね。

情報収集ツールアプリ

筆者が常日頃使っている情報収集ツールアプリを紹介します。ただ、世間には様々な情報収集ツールがありますので、自分に合った情報収集ツールを見つけることが大切です。今後の参考にしてみてください。

スマートニュース

日本では一番知られているニュースアプリ、”スマートニュース”です。使っている人も多いのではないでしょうか。とても使いやすく、自分が知りたい情報のチャンネルを設定することができるので、重宝しています。

他にも”グノシー”や”ニュースピック”といったニュースアプリでもありますが、筆者的には”スマートニュース”が一番使いやすいです。直感的に操作できるので、初心者の方にもおすすめです。

IOSダウンロードAndroidダウンロード

ブルームバーグ

金融ニュースを発信するメディアの中では、世界一有名な会社”ブルームバーグ”が出している金融ニュースアプリです。金融業界に努めている方ら知らない人はいません。

金融ニュースだけでなく、各有価証券や為替の値動きなんかも見ることができるので、株式取引やFXをやっている人にはおすすめです。ただ、英語のアプリになってしまうので、英語の理解力も必要です。

IOSダウンロードAndroidダウンロード

テレグラム

最後はニュースアプリではなくメッセージアプリなのですが、仮想通貨関連のニュースを配信しているアプリ”テレグラム”です。ロシアで開発された”テレグラム”は機密性に特化したメッセージアプリで、安全性がとても高くメッセージが暗号化されています。

仮想通貨を開発する企業などが、情報発信用のツールとして使っており、”テレグラム”は企業のカスタマーサポートとして機能しています。常にアドミンと呼ばれるスタッフが滞在しており、顧客の質問に答えています。

仮想通貨をやっている方におすすめのアプリです。あなたが投資をしている仮想通貨のグループもあると思うので、ツイッターなどからグループを探してみてください。”仮想通貨名”、”テレグラム”と入力すれば出てくると思います。

IOSダウンロードAndroidダウンロード

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)