投資

ノアコインがスキャムだと話題だったので儲かるのか試してみたら一日で2.5倍になった

筆者は、”仮想通貨”投資では基本的に有名な”ビットコイン(Bitcoin)”や”イーサリアム(Ethereum)”、”リップル(Ripple)”などしか行っていなかったのですが、最近になってアルトコインにも手を出してみました。

中でも日本で有名になっているアルトコイン”ノアコイン(Noah coin)”が昨日から爆上げしているので、筆者が買った”ノアコイン(Noah coin)”について紹介したいと思います。

仮想通貨

仮想通貨とは

“ノアコイン(Noah coin)”について話す前に”仮想通貨”についてはご存知でしょうか?日本で”仮想通貨”が人気になっているが、そもそも仮想通貨とはなんぞやという方の為に、簡単に仮想通貨について紹介します。

“仮想通貨”とは、実物では存在しない通貨、”デジタル通貨”の一種のことです。皆さんが普段使っている実物としての通貨、円やドルなどは”法定通貨”と呼びます。

仮想通貨と法定通貨の違い

“仮想通貨”と”法定通貨”の違いは、管理されているかどうかです。通常、”法定通貨”であれば、その通貨を発行している中央銀行や政府などが管理しており、国家主体で発行されています。

しかし、”仮想通貨”は、中央銀行や政府などの国家主体で発行されておらず、各コインの開発者によって発行されます。その為、国の規制が及ばない通貨、中央集権的な管理権威を持たない通貨として知られています。

ビットコインとは

一般的に”仮想通貨”として一番知られているコインは、”ビットコイン(Bitcoin)”でしょう。世界で初めて作られた最初の仮想通貨、”Bitcoin(ビットコイン)”は、”サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)” と名乗る人物によって投稿された論文によって2009年に作られました。

“Bitcoin(ビットコイン)”の取引は、仲介者なしのユーザー間同士のみで行われます。この取引の際には、”ブロックチェーン( Blockchain)”と呼ばれる”公開分散元帳”に記録されるので、偽造される心配もありません。

ブロックチェーンとは

仮想通貨が有名になった理由は、ビットコインが凄いからではなく、”ブロックチェーン( Blockchain)”の技術が凄いからです。主に仮想通貨の信頼は、”ブロックチェーン( Blockchain)”技術で成り立っています。

“ブロックチェーン( Blockchain)”とは、”分散型台帳技術”、または、”分散型ネットワーク”の事で、”ブロック”と呼ばれるデータの単位を一定時間ごとに生成し、”チェーン”のように連結していくことによって、データを保管するデータベースの事です。

アルトコインとは

仮想通貨”には”ビットコイン(Bitcoin)”以外にも数千の種類があります。”ビットコイン(Bitcoin)”以外の仮想通貨の事を”アルトコイン(altcoin)”と言います。

“アルトコイン(altcoin)”とは、代替のコインという意味ですが、基本的に”アルトコイン(altcoin)”は”ビットコイン(Bitcoin)”を基に作られています。

代表的な”アルトコイン(altcoin)”は、”イーサリアム(Ethereum)”や”リップル(Ripple)”と言うようなコインです。この二つのコインは時価総額で”ビットコイン(Bitcoin)”に次いで二位と三位の規模です。

ノアコイン

ノアコインとは

そんな数千の種類がある”仮想通貨”ですが、筆者が目を付けたのは”ノアコイン(Noah coin)”と呼ばれる”アルトコイン(altcoin)”です。筆者が目をつけたというよりかは、日本中の仮想通貨ファンが目をつけています。

筆者はその流れに乗っただけです。”ノアコイン(Noah coin)”は、フィリピンを代表するコインで、フィリピンの社会問題である”国際送金”を解決する為に作られたコインです。

当記事では”仮想通貨”を議題にして書いているので、”ノアコイン(Noah coin)”の説明については下記の記事で書いています。”ノアコイン”について知りたい方は見てください。

あわせて読みたい
【ノアコイン最新情報2018まとめ】これさえ読めばノアコインの全てがわかる昨日は"ノアコイン(NOah Coin)"(以下ノアコインと呼ぶ)についての記事を書きましたが、仮想通貨自体のことについてが多く、"ノア...

日本で最も注目されている仮想通貨

“ノアコイン(Noah coin)”の時価総額は、2018/08/30の時点では69位とまだまだ低いですが、今日本で最も注目されている”仮想通貨”と言っても過言ではありません。

ツイッターなどで”ノアコイン”と検索してみてください。たくさんのツイートを見ることができるはずです。その人気にあやかって全く関係のないツイートをしている人もいますが。

泉忠司

“ノアコイン(Noah coin)”を語るうえで欠かせない存在が、”泉忠司”さんと呼ばれる人です。”泉忠司”さんは、自称”キングオブゴッド”と名乗っており、日本で”仮想通貨”をブームにさせたと語っています。

“仮想通貨”を流行らせたかはわかりませんが、”ノアコイン(Noah coin)”は間違いなく”泉忠司”さんによって、日本中でブームが起こりました。”ノアコイン(Noah coin)”のプロモーターが”泉忠司”さんなのです。

事実、”泉忠司”さんのプロモートによって、”ノアコイン(Noah coin)”の販売時となる”ICO”では、3分間で120億円が集まったと各ニュースでも取り上げられました。

筆者も購入してみた

既に2.5倍

筆者は、”ノアコイン(Noah coin)”を昨日の2018/08/29の朝に購入しました。一昨日の2018/08/28の夜くらいから上がりそうな雰囲気があったので、指値をしていたのですが指さらず、昨日の朝に買うことになりました。

すると見事筆者の読みが当たって、この記事を執筆している時点で購入価格から2.5倍になりました。筆者が買った価格が0.15円で、現時点で0.40円になっています。

利確ポイントは0.7円

筆者の利益確定ポイントとしては、0.7円くらいだと思っています。”ノアコイン(Noah coin)”の販売当初の価格が0.7円くらいだったので、以前からの購入者はその辺りで売りに入ると思っています。

0.7円を超すことがあった場合の次のポイントは1円辺りです。”ノアコイン(Noah coin)”が暴落する前にウロウロしていたのが1円辺りなので、その付近で買っている人も多い事からです。

0.7円、1円を超すようなことがあれば、そのまま価格を押し上げて上がっていく可能性も高いので、今の内に購入しておくのも良いかと思います。筆者は取り敢えずは買い増しはせずにこのまま様子を見ています。

ノアコインホワイトペーパー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)